資料ダウンロードはこちらから
不動産価値をもっと上げるメディア

不動産価値を
もっと上げるメディア

資産価値を上げる!資料ダウンロードはこちら

マンションのSDGsへの取り組みとは?目標達成を意識した仕組みづくりを

  • SDGs
マンションのSDGsへの取り組みとは?目標達成を意識した仕組みづくりを

SDGs(Sustainable Development Goals:「持続可能な開発目標」)とは、国連で採択された世界共通の国際目標のことです。企業や個人がSDGsの目標達成に向けて取り組むことで、誰一人取り残さない社会の実現を目指しています。近年、SDGsを意識した商品やサービスを提供する企業が増えてきました。マンション経営においても、SDGsを意識することでサービスの向上や社会貢献、資産価値の向上などが実現可能です。この記事では、マンションのSDGsへの取り組みについて解説します。


SDGsとは?目的や目標達成を目指す理由を解説

SDGsとは、2015年9月に国連で採択され、「2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す」ことを目的とした世界共通の国際目標のことです。持続可能な世界を実現するために設定された17のゴール・169のターゲットから構成されています。ここでは、SDGsの目的や目標達成を目指す理由を解説します。


SDGsの目的

SDGsは貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など、世界のさまざまな問題を解決することを目的としています。その目的を達成するために、17の目標が設定されました。

これらの目標は、貧困のない世界の実現、地球環境の保護、みんなが平和と豊かさを享受するという3つの目的が柱となっています。さらに、それぞれの目標にはターゲットが設定され、より具体的な目標が示されています。


SDGsの目標達成を目指す理由

SDGsの目標達成を目指して、国や自治体、企業、非営利組織、個人などが、さまざまな取り組みを行っています。SDGsへの取り組みは、企業にとっても重要なことなのです。企業がSDGsの目標達成を目指すことで、社会から信頼され、企業のブランドイメージが向上します。顧客や従業員からの信頼度も高まり、長期的な経済活動が可能になります。

投資の世界においても、SDGsに関連した事業を行っている企業の銘柄を組み入れた投資信託が登場しました。また、SDGs関連事業を展開する企業に対し、融資金利を優遇する金融機関も出始めています。SDGsに取り組むことで、企業や資産の価値が高まり、企業間取引や資金調達を有利にすることが可能になるのです。

一方、SDGsに取り組まない企業は、ステークホルダーから高く評価されないという状況も起こりえます。そのため、まだSDGsに取り組んでいない企業は、今後、何らかのアクションを起こす必要があるでしょう。

【PR】1万人の物件オーナーがソラシェアダイレクトを選んだ理由とは?
    不動産価値を上げる経営のコツをプレゼント! 詳しくはこちら≫


マンション経営におけるSDGsへの主な取り組み

企業によるSDGsへの取り組みが重要視されるなか、マンション経営においてもSDGsが注目されています。どのような取り組みなのか解説します。


スマートマンションの実現

スマートマンションとは、ICTを活用してエネルギー使用をマンション全体で一括管理し、効率的なエネルギー使用や節電、サービスの向上を目指すマンションのことです。MEMS(マンション・エネルギー・マネジメント・システム)を導入し、エネルギーの一括管理を行います。MEMSを導入すればマンション全体でエネルギーの使用状況を管理できるため、節電につながりやすい仕組みをつくることができます。

たとえば、各家庭の電力使用量を見える化し、居住者の節電意識を高めることも可能です。マンションによっては、節電に協力した分、電気料金の割引を受けられることもあります。各戸のエネルギー使用データは一カ所に集約され、サービスの向上にも役立てられています。


ZEHの普及

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、エネルギーの収支をゼロにする仕組みが導入された住宅のことです。戸建てだけでなく、マンションやアパートなどの集合住宅でもZEHの考え方が取り入れられ、ゼッチマンションと呼ばれるマンションも登場しました。

ZEHを実現するには、使用するエネルギー量を大幅に減らさなければなりません。しかし、住む人が不便に感じるほど節電をするのは困難でしょう。そこで、ZEHでは消費するエネルギー量を減らすために、さまざまな工夫がされています。

そのひとつが高断熱化です。高気密・高断熱住宅は外気の影響を受けにくいため、真夏や真冬でも少ない電力で室内を快適な温度に保つことができます。また、太陽光発電システムによる創エネ、エネファームやエコキュートによる省エネなど、消費エネルギーを無理なく抑える仕組みが導入されています。


災害時の対応

地震や洪水などの災害はいつ発生してもおかしくありません。もし大規模なマンションが自然災害の被害に遭ったら、生活できなくなる人が多数出てしまうでしょう。過去に発生した地震では、建物が倒壊しなくてもライフラインがストップしてしまい、自宅での生活に支障が出た人も大勢いました。そのため、マンション全体で防災対策を行うことが重要です。いざという時には、住人同士で助け合って生活しなければなりません。

そこで、災害に備えるためにマンションでもさまざまな取り組みが行われています。たとえば、共用部に防災用の備蓄倉庫を設け、食料品や飲料水、生活用品、医薬品などを保管しておくなどの対策が挙げられます。また、太陽光発電と蓄電池を活用し、災害時でも電力確保が可能な仕組みをつくっておくことも可能です。災害に強いマンション経営を目指すことで、住人が安心して暮らせる住まいが実現します。


ユニバーサルデザインの導入

誰もが住みやすいマンションづくりを実現するには、ユニバーサルデザインの導入も必要です。ユニバーサルデザインとは、年齢や性別、文化、身体の状況などに関わらず、すべての人が使いやすいと感じられるように設計することです。「使い方がわかりやすい」「危険を回避できる」「ストレスなく使える」デザインを目指してつくられています。

たとえば、マンション内の段差を減らしてバリアフリー化すれば、車椅子の人でも人の手を借りることなくスムーズな移動が可能です。また、階段に手すりを設置して上り下りをしやすくすれば、お年寄りや子どもも安全に階段を使用できます。郵便受けやドアハンドル、キッチンの高さなど、個人の身長差に配慮した設備を採用することも大切です。

ユニバーサルデザインの実現にはコストがかかりますが、SDGsを実現するためには欠かせない要素といえます。


マンション経営でSDGsに取り組むメリット

マンション経営においてSDGsに取り組めば、マンションに住む人だけでなく社会全体にメリットをもたらします。また、マンションの資産価値が上がることも予想されるため、オーナーにもメリットがあります。ここでは、マンション経営でSDGsに取り組むメリットを紹介します。


居住者の住みやすさを実現

SDGsに取り組むことで、居住者はより住みやすさを実感できるようになります。たとえば、スマートマンションやZEHマンションは、電気料金の削減を可能にし、居住者の負担を減らすことが可能です。MEMSの導入により居住者のデータを活用したサービスの展開も期待できます。

マンションの防災対策も重要なポイントです。災害に備えて食品や医薬品などを備蓄したり、太陽光発電や蓄電池を活用して停電に対応したりすることで、被災した場合でも生活を継続することができます。災害弱者になりやすいお年寄りや子ども、障がいのある人の命を守ることにもつながるでしょう。

さらに、ユニバーサルデザインの導入により、誰でも住みやすい住まいの提供が可能になります。日々暮らしていくなかで不便やストレスを感じることなく、安心して生活を維持することができます。


環境保護への貢献

太陽光発電は化石燃料による発電に比べて、温室効果ガスの排出を大幅に削減することが可能です。日本では今なお化石燃料による発電が多くを占めています。温室効果ガスは気温の上昇や暴風雨の発生、干ばつの増加など、さまざまな影響をもたらすと考えられています。そのため、温室効果ガスを削減するための取り組みが必要です。

マンションに太陽光発電を導入すれば、温室効果ガスの削減に貢献できます。マンション全体で化石燃料によるエネルギー消費量を減らすことができ、エネルギー資源の無駄な消費を抑えることにもつながります。


資産価値の上昇

SDGsへの取り組みがマンションの資産価値を上昇させる可能性もあります。一般社団法人スマートマンション推進協議会ではスマートマンション認定制度を設け、スマートマンションのブランド化を進めています。スマートマンションに認定されれば、不動産としての価値が上がることが予想されるのです。

既存のマンションでもスマートマンションを目指す動きがあり、今後、不動産としての価値の上昇を見込んで導入が活発化する可能性もあります。


SDGsへの取り組みでマンションの価値も高まる!

マンション経営においてもSDGs達成に向けた取り組みは重要性を増しているといえます。従来のマンションよりも住みやすく、長期的に価値を維持できる仕組みづくりを行うことが大切です。SDGsに取り組むことで、マンションの居住者だけでなく、社会全体にもメリットがあります。新しく建設するマンションだけでなく、既存のマンションでもSDGsに取り組むことが可能です。マンションを運営するにあたり、ぜひSDGsへの取り組みにも着目してみてください。