不動産価値をもっと上げるメディア

不動産価値を
もっと上げるメディア

1万人の物件オーナーがソラシェアダイレクトを選んだ理由とは?
不動産価値を上げる経営のコツをプレゼント!

1万人の物件オーナーがソラシェアダイレクトを選んだ理由とは?不動産価値を上げる経営のコツをプレゼント!

世界規模で進む持続可能な開発

最近では民放各局でも特番などで取り上げられるようになった「SDGs」。国連で2015年に採択された「SDGs」は17のセクターに分かれていますが、その中に環境や災害対策を重要視した目標が存在します。7番目の「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」、11番目の「住み続けられる街づくりを」、13番目の「気候変動に具体的な対策を」です。
また第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)で採択された「パリ協定」では、世界各国の温室効果ガス削減目標が掲げられ、日本は2030年までに26%(2021年に46%に引き上げ)、2050年に80%削減を設定(2020年に菅首相が2050年のカーボン・オフセット(実質100%削減)を宣言し目標を上方修正)しました。
ソラシェアダイレクトはSDGsの3つの目標達成と、政府が掲げる温室効果ガス削減目標達成に貢献し、総合的に災害対策を進められるソリューションとして、生まれたサービスです。

ソラシェアダイレクトでより身近に太陽光発電を

建物の屋上に設置した太陽光発電システムで、建物すべての電気を賄うことはできませんが、非化石証書などを利用して不足分電力もすべて再エネ由来の電力を選択することが可能です。

その選択で、使用するエネルギーの脱炭素が達成できるということで、企業でいえば「RE100」に準じる活動が可能というわけです。

街なかに設置できる唯一の発電所である太陽光発電は、大小問わずその能力を発揮することは前述でご紹介した事例が証明しています。このような背景から誕生したソラシェアダイレクトは、非常時電源としての利用はもちろん、政府が掲げる2030年の構成比目標、ひいては地球温暖化抑止に貢献できるサービスです。

無料ダウンロード

個人情報保護方針個人情報取扱い同意書をご覧いただき、ご同意のうえフォームをご送信ください。